<

2020年01月14日

1月14日

DSCF5000.JPG
 
 今日は、全園児がホールに集まって『餅つき』をしました。
初めに先生から 持ちはもち米から出来ていることや餅をつく道具のお話を聞きました。
そして、蒸かしたもち米やそのもち米をうすに入れてきねで潰す様子も見ました。
 サアー!餅つきノ始まりです。
園長先生が手に水を浸けて。持ちをひっくり返し、お手伝いに来ていただいたおじさんが「ペッタン、ペッタン!!」と
もち米を叩く様子を 身を乗り出して目を食い入るように餅つきの様子をじーっと見ていました。
 つぼみ組さんは2人で一緒に杵を持って「ペッタン、ペッタン、ペッタン!!」と3回もち米を叩きました。
杵を持った子どもたちは「重ーい!」とちょっと驚いていましたが、みんなは一緒に「1.2.3」とお餅を叩く回数を
数えてくれました。
 実際に初めて目にした子が多かったのか、神妙な顔つきでした。
お餅は、お部屋でいただきましたが、初めて口にした子どもたちが多く、(お餅を小さく切ってお皿に乗せましたが)、
おもちをのどに詰まらせると困るからしっかり噛んで食べることを話したからか、お餅の美味しさを味わえなかったようです。
 お家に帰ったら、お父さんやお母さんに餅つきのお話をしてね。と子どもたちに伝えました。
子どもたちはどんなお話をしてくれるでしょうか。

posted by ふたば幼稚園 at 15:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする